胃下垂

胃腸を丈夫にする食品をとるように心がけて

 通常の人よりも胃の位置が低いことを胃下垂といいます。胃下垂の人は胃腸の働きが弱く、筋力が低下しているために内臓もたれ下がっているため、胃もたれ、げっぷ、ムカつきなどが起こりやすくなります。消化吸収力が弱いので、やせている人が多く見られます。
 胃が弱い人が多い胃下垂は、胃腸を丈夫にして筋力をアップすることが必要です。かぼちゃをはじめ、とうもろこし、なつめ、山芋、じゃがいも、にんじんなどをとるようにしましょう。下痢をしやすい人は、消化のよいものをとるように心がけて。れんこんは胃腸を丈夫にする働きがありますが、繊維質も多いので、胃もたれになる恐れもあります。その場合はすり下ろして食べるのがおすすめです。

 

1.かぼちゃは種を取り除き、3B角に切る。
2.鍋に1.のかぼちゃを入れ、水をひたひたより少なめに注ぎ、蓋をして火にかけ、かぼちゃが軟らかくなるまで煮る。
3.2.のかぼちゃが軟らかくなったら、コーン缶詰と牛乳を加え、再び沸騰したらすぐに火を止める。