シミ
ソバカス

血液の流れをよくする
食品やビタミンCで防ぐ

 血液は、体中の老廃物を集め、細胞や組織に、酸素・栄養を運ぶ役割を果たしています。そのため血液の流れが停滞したり、質が低下するとシミやソバカスができやすくなります。血液の流れをよくし、新陳代謝の働きをコントロールしているのは肝臓なので、肝臓をいたわることで血行が改善されてきます。
 あじにはEPAやDHAなど、血液をサラサラにする成分が多く含まれています。パセリやレモンにはビタミンCが豊富で、シミ・ソバカスの原因となるメラニン色素の沈着を防ぐ働きがあります。
 血液の流れをよくする食品は背の青い魚(いわし、さんまなど)、にんにく、玉ねぎなどがあり、肝臓を丈夫にする食品は緑黄色野菜、クコの実、しじみ、あさり、かきなどがあります。

1.あじは頭、内臓、ぜいごをとり除き、3枚におろす。にんにくはみじん切りにする。オーブンを200度に温め始める。
2.フライパンにオリーブ油を入れて熱し、1.のにんにくを入れて香りよく炒め、パセリを加えてさらに炒める。
3.生パン粉を加え、パラパラになるまで炒める。焦げそうなら、火を止めて余熱で炒めてもよい。
4.オリーブ油(分量外)を耐熱皿に薄く塗り、1.のあじを並べ、3.をたっぷりとかける。あらかじめ温めておいた200度のオーブンに入れ、10〜15分焼く。好みでくし形切りにしたレモンを添えてもよい。