高血圧

血液をサラサラにして、血圧を正常に戻す

 心臓が体内に血液を送り出す際、血管に加わる圧力が高い状態が高血圧です。そのため心臓に負担がかかって血管がもろくなり、放っておくと心臓や肝臓の病気、脳血管障害などを引き起こしてしまいます。
 中医学では、高血圧には二つのタイプがあると考えられています。一つは食欲旺盛で体力があり、緊張感や食べ過ぎから起こる興奮性の症状が現れるタイプで、イライラしたり、頭痛、肩こり、目の充血、のぼせ感があります。もう一つは体力がなくて疲れやすく、足腰が弱いタイプで、過度の心身疲労や虚弱から起こるものといわれています。どちらも血液をサラサラにして、血圧を正常に戻すことを心がけましょう。
 血行をよくする食品には、青い背の魚(かつお、まぐろ、いわしなど)、玉ねぎ、長ねぎ、にんにく、アスパラガス、わかめ、納豆などがあります。体力があるタイプには、菊の花、セロリ、黒きくらげ、トマトなど、体力がないタイプには、黒豆、ごま、山芋、昆布などをとるとよいでしょう。

1.かつおのたたきは一口大にそぎ切り、細ねぎは小口切り、しょうがはみじん切り、セロリは筋をとって斜め薄切りにする。にんじんはすりおろす。
2.ポン酢しょうゆ、オリーブオイル、1.のしょうがを混ぜ合わせる。
3.器に1.のかつおのたたきを広げてのせ、セロリ、にんじん、細ねぎを彩りよく盛りつけ、2.をかける。