寒気がする
風 邪

寒気がするときには
体を温める食材を

 風邪は万病の素といわれ、早めの予防が大切です。風邪には寒気がする風邪と熱っぽくなる風邪がありますが、それぞれ対処法が異なるので気をつけましょう。
 ゾクゾクと寒気がする風邪には、ねぎやしょうがなど、発汗作用のある食べ物をとって体を温めることが大切です。寒気とともに関節が痛くなったりするときには、しそやレモンなども体を温めるのでおすすめです。くず湯のくずには、こりをとる働きがあるので、首筋の痛みによいでしょう。
 熱があってのどが痛いときは、のどを潤す作用があるなし、大根おろしなどがよいでしょう。はちみつを加えると食べやすくなります。発熱や下痢で体液が少なくなっているときには、水分補給を忘れずに。
 いずれの風邪も、回復するまでは肉、魚、油っぽいものは控えましょう。

1.鍋に米、水5カップを入れて火にかけ、沸騰してきたら弱火にし、40分ほど煮込む。
2.細ねぎは根を残したまま洗い、3センチ長さに切る。
3.1.の鍋にしょうがのみじん切りと2.のねぎを加え、さらに10分ほど煮込む。
4.塩を加えて味を調える。