藤本 肇

(漢方ジャーナリスト) 健康雑誌・書籍などを中心にフリーライターとして活動し、 特に中国の漢方(中医学)事情に詳しい。編集制作会社 「プラスワン」代表

【第27回】

熱性のセキには「麻杏止咳錠」
寒性のセキに「麻黄湯」

 今回は中国漢方によるセキ対策を紹介しましょう。
 以前このコラムでカゼの初期症状には、ゾクゾク寒けを感じるものと、熱っぽさを感じるものの2つのタイプがあるといいました。セキの場合にも、同じように熱を持つものと、冷えの強いものの2つのタイプがあり、熱っぽいときは冷まし、冷える場合は温めて治すことになります。
 熱性のセキやタンには、1800年ほど前、漢の張仲景という名医によって著された『傷寒論』という医書に麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)」という処方があります。熱性といわれても分かりづらいかもしれません。体が温まると激しくせきこむ、乾いたセキが続く、タンは少量だが黄色い粘り気の強いものがからむといった症状が、適応の目安となります。
 麻杏甘石湯は、セキ止めの作用をもつ麻黄、杏仁、甘草といった生薬に、セキのもとになっている肺の熱を冷ます鉱物性生薬の石膏を配したものです。現代医学でセキ止め薬として使っているエフェドリンは、麻黄から抽出したものです。
 この麻杏甘石湯は効き目が強いかわりに、人によっては冷やしすぎのため胃腸傷害を起こすことがあります。そこで作用の強い麻黄と石膏を減らして、かわりに陳皮、桔梗、滑石という薬性のマイルドな生薬を加えた麻杏止咳錠(まきょうしがいじょう)が中成薬として開発され、わが国にも輸入されています。麻杏止咳錠は、胃腸の丈夫でない人にも安心して使えるセキ止め薬です。
 一方、冷えによってセキが誘発される、悪(お)寒が強く口渇がない、薄いタンがからむといった寒性のセキの場合には、「麻黄湯(まおうとう)」を使って体を温め、発汗させて治します。寒性のセキはタンが切れにくく、胸の奥からこみあげてくるようなセキが出て、しかも出始めると連続してなかなか止まらず、苦しいものです。
 麻黄湯の成分は麻黄、桂皮、杏仁、甘草の四味。セキ止めの作用の強い麻黄を中心に、麻黄のセキ止め作用を高める杏仁と甘草、それに、温め発汗力を高める桂皮といった組み合わせです。こうして見てきますと、麻黄湯と麻杏甘石湯の違いは、桂皮と石膏の違いだということが分かります。麻黄湯から桂皮を抜いて、熱を冷ます力の強い石膏を加えたものが麻杏甘石湯というわけです。
 わずか一味の違いによって、温めるクスリとなったり、冷ますクスリとなったり…。このへんの組み合わせの妙こそが、個人個人の症状に合わせてきめ細かくクスリの選べる、中国漢方ならではの持ち味といえましよう。
 
(藤本 肇・漢方ジャーナリスト)
※次回は8月2日更新